BLOG ブログ

あっという間に8月

お待たせしました!

皆さまお久しぶりでございます。
いかがお過ごしでしょうか。和食 うおまん新橋店です。

申し訳ありません、
6月以降ブログ更新が滞っておりましたが、
8月に入りまた再開いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

鬱陶しい梅雨も明け、いざ夏に突入、
といったところですが、、、
例年より一ヶ月も梅雨明けが遅い、なんとも夏らしい夏が感じにくい令和元年でございます。
しかし、うおまんは元気に営業いたします。
当店で美味しいお魚とお野菜をお召し上がりいただき、
今しかない季節を感じていただければ幸いです。

まずはお通しから。


夏らしさが嬉しいさっぱりとした一皿がご挨拶がてら皆様の元へ。
錦糸瓜、順菜、チェリートマトでお出迎えします。
お通しは他のどの料理よりも季節の味覚が一番ダイレクトに感じられるのではないでしょうか。熱い体を冷ましてくれる、そんな爽やかな一品からスタートいたします。最初の生ビールと合わせてお楽しみください。お通しは季節の一品ですので、役2〜3週間で内容を変更いたします。旬で変わる味覚をぜひお楽しみくださいませ。

続きましては、真鱧の湯引き 〜梅肉醤油〜


山口県産の真鱧、まさに夏の風物詩をお楽しみいただけます。
昔から西日本 主に京都で人気の鱧は祇園祭でもお馴染みです。
鱧専用の骨切り包丁や、熟練の確かな職人の技術がなければご提供できない逸品です。
一口食べれば口の中に広がるもちもち感。見た目も涼しい一品は梅肉とわさびを合わせればより鱧の旨味が引き立ちます。新橋で『鱧』を食べるならぜひうおまんへお越しくださいませ。

続いては、夏の幻の高級魚『あこう』です。
こちらも山口県から空輸便で直送で届いた珠玉の逸品。
『冬の河豚、夏のあこう』などと呼ばれ非常に重宝されています。
今回は職人の技が光る薄造りをご紹介します。


一口食べると口の中でねっとりと絡みつく『あこう』の旨味。
その分、紅葉おろしとポン酢であっさりお召し上がりください。相性抜群です。

今更ながらなのですが、カウンターでお食事されますと職人の手仕事が目の前でお楽しみいただけます。それを酒の肴にお酒を傾けて、この上ないお食事をお楽しみいただけます。
それは味覚で味わう喜びに加え、『臨場感と粋』が楽しめる特別なお酒の席となります。
うおまんに初めてご来店されるお客様はぜひカウンターをお選びいただき、当店の魅力をご体感いただければ幸いです。

次回は夏のお料理によく合う日本酒もご紹介いたします。
ぜひお楽しみに!