SOZAI 素 材

旨い魚の違いは“色箱”にあり。

うおまんでは旬の魚をはじめ、その日の漁で水揚げされた魚を箱に詰めた「色箱」を全国の漁港や市場から仕入れています。
そのため、魚のお料理は固定のメニューが少なく、本日限りのものがほとんど。
この仕入れ方法により、新鮮で美味しく、水揚げされたばかりの鮮度抜群の魚を安く仕入れ、
職人がその魚にあった調理法でお料理を提供することができます。

特におすすめは脂ののった“のどぐろ”の煮付け。
水を一切使わず、醤油・みりん・お酒だけで仕上げる煮付けは本場の料亭を彷彿とさせる
濃い味の旨みたっぷりの逸品に仕上がります。

  • のどぐろ

    うおまんでは日本海近海で育った上質なのどぐろを仕入れます。
    脂の旨味を大胆に感じられる煮付けやあっさりとしながらも
    極上の白身に頬が落ちる塩焼きなど、まさに至福の時をご堪能。

  • 宮崎ハーブ牛 -イチボ・ランプ-

    イチボやランプなど希少部位のみを仕入れます。 厳選ハーブを餌に丁寧に育てられた宮崎ハーブ牛は、 脂肪の融点が低く口に入れた瞬間に舌の上でとろける特選牛肉。 陶板焼きなど肉の内側にゆっくりと熱が通る“焼き”がおすすめ。

Others
  • クリスマス島の塩

    赤道直下のキリバス島で取れる奇跡の塩。何がすごいかって?塩だけ食べても他の塩との違いは分かりづらいが、食材と一緒に食べると塩の甘みが増す極上の塩。白身の魚などと合わせると本当に美味。

  • 鶏そぼろ味噌

    信玄鶏、鴨肉ミンチ、八丁味噌、白味噌、黄身で練り上げた、料理長渾身の合わせ味噌。瑞々しい旬の野菜などと合わせると、手が止まる事がありません。この味噌で日本酒を傾ける、そんなあなたも大歓迎。

  • 伊豆天城山の生山葵

    静岡 伊豆天城山は日本有数の山葵の名産地。世界遺産にも登録された段々畑での製法で山葵を育てます。店でおろしたての生山葵はお造りとの相性抜群。欧米系の外国人にも人気が広がっている最高の山葵は和食の良さを再確認できます。

  • 産直 王様野菜

    うおまんは魚だけではありません。王様級の目玉野菜を惜しげもなくご提供。岩手県産の王様椎茸や群馬県産白茄子など季節で変わる今最も美味い野菜を仕入れます。
    野菜って美味いんだなぁ、そんな発見を!

CRAFTSMAN

日本料理の匠。新たなる挑戦。

うおまんの職人が創る料理、それを食されたお客様の多くはこう感想を表現します。
『懐かしいけど新しい』
長年日本料理に精通してきたからこその目利きと確かな腕が引き継ぐ伝統。
そこに加わるのは過去の実績だけにはとらわれない『常に進化したい』という変化への挑戦。
そんな伝統と革新がいい塩梅で共存することで、『お客様を驚かせたい』『感動させたい』という料理人の心が生まれ、
また食べたくなるような、和食の良さを再認識させられるような、そんな一皿がお客様のテーブルへと運ばれます。

UTSUWA

素材を引き立てる“信楽焼”

信楽焼は滋賀県甲賀市信楽の伝統工芸の炻器(せっき)で、日本六古窯(にほんろっこよう)の一つ。
信楽焼の中でも独創的な作風の『やすお陶房』の五代目、安兵衛窯 奥田安正氏にオーダーします。

オープンの3ヶ月前には、信楽の現地まで料理長 根本が足を運び、奥田氏とコンセプトや料理のイメージをすり合わせました。この世に一つとして無いオリジナルの器は舌だけでなく目でも楽しめます。
料理人の心を盛り付けたお料理を是非皆様にご堪能いただければ幸いです。

  • グツグツ熱々の幸せ。宮崎ハーブ牛、京鴨、鱧、その時期最も旨い食材を盛り付け土鍋に火にかけます。
    遠赤外線効果によって内部から食材をゆっくりと温めて味が染み込み、お客様の目の前で蓋を開ける臨場感は抜群です。

  • 日本酒だけど、グラスで呑む?お猪口で呑む?うおまんに来たからにはやっぱり信楽酒器で呑んでいただきたい!
    信楽焼ならではの特有の土色、温かみのある緋色、焦げの味わいなど、そこに詰まった“わびさび”がさらに日本酒を美味しくします。

CUISINE 料 理

<オープン記念コース>
のどぐろの塩焼きと信楽釜で焚き上げた鯛めしコース 6,500円

オープンを記念して絶対食べていただきたい最高の魚を、今回限りのお値打ち価格でご提供します。
うおまん自慢のとれとれ本日のネタの特選造り盛りをはじめ、
脂がのったのどぐろの塩焼き、旨味が凝縮した京鴨のあつあつ土鍋、
〆は信楽焼の釡で焚き上げる旨みたっぷりの鯛めしをどうぞ。

最初の一皿
生雲丹、とろ湯葉、とんぶり、醤油餡掛け

お造り
本日の特選鮮魚盛り合わせ

野 菜
産直王様野菜の炙り ~鶏そぼろ味噌とクリスマス島の塩~

焼き物
のどぐろの塩焼き

煮 物
京鴨と昇竜舞茸のあつあつ土鍋仕立て

土鍋飯
信楽釜で焚き上げる鯛めし、玉子焼き、赤出汁

デザート
瀬戸内レモンシャーベット

一品料理
  • 特選 造り盛り
    〈極〉1,580円 〈匠〉1,200円

  • 炙り黒毛和牛の生雲丹のせ
    1,480円

  • 産直!一本魚 のどぐろ塩焼き
    4,500円

  • 信楽釜で焚き上げた鯛めし
    お一人様 1,280円

SAKE 日 本 酒

幻の十四代、プレミア日本酒の宝庫

最高の魚には最高の酒を楽しんでいただきたい。
そこで今回は最高級プレミア日本酒「十四代」に目をつけました。
400年以上の酒造りの歴史を持つ山形の老舗「高木酒造」の他に類を見ない逸品。
穏やかな吟醸香とまろやかな甘みが人気を呼び、幻の日本酒と呼ばれるほどになり、
十四代はフルーティーなタイプの日本酒ブームの火付け役となりました。 うおまんは長年にわたり珍しい希少価値の高い日本酒を酒屋さんからコンスタントに仕入れ、
和食とのマリアージュにてお客様にお喜びいただいています。 その酒屋さんとの確かな信頼と多くの実績があるため、
他の和食店にもなかなかラインアップできない十四代シリーズなどの多くのプレミア日本酒を仕入れることが可能です。
十四代 本丸 特別本醸造 1,200yen
十四代 吟撰 吟醸 1,400yen
十四代 中取り純吟 播州山田錦 1,600yen
十四代 純米吟醸 播州愛山 1,800yen
十四代 純米大吟醸 龍の落とし子 2,400yen

その他、プレミア日本酒、焼酎、ビール、ハイボール、ワイン、ソフトドリンクなど、各種取り揃えています。

SPACE 匠の間

伝統と革新、素材を調理する

料理と同じように自然素材を調理する。
長年日本建築に精通してきた空間デザイナーが様々な「自然木」を大胆かつ繊細に使う事で、
最高の大人の隠れ家を創り出します。

  • Open Kitchen Counter

    大きな「胡桃の木」を使った迫力あるカウンターで、熟練の職人が目の前でダイナミックかつ繊細に魅せる料理をご提供

  • Private room

    「栗の木」のテーブルが趣ある8名様掛けの個室空間は
    時間を忘れてゆったりとおくつろぎいただけます。

  • Dining

    「楡の木」のテーブルが風合いある
    ダイニングスペースは気の合うお仲間とゆったりと。

  • Entrance

    「栃の木」の大きなベンチなど、木のぬくもりある空間がお出迎え。